なぜ女友達はセフレにしやすいのか?|女友達をセフレにする方法

実は女友達はセフレにしやすいんです

女友達はセフレにしやすいというのは事実です。

 

一見、出来上がった関係というのは、
なかなかセックスに誘いづらかったり、
後腐れのリスクがあったりとセフレを作るのに障害となりそうに思えます。

 

そのためセフレを作ろうとすると、
どうしても合コンやナンパで作ろうとしたり、
もしくは出会い系サイトなどのネットを利用したりします。

 

しかし、一見デメリットに見える女友達との関係が、
逆にセフレを作る時にメリットに働く方が多いのです。

 

まず相手を探さなくて済むという点が挙げられます。

 

セフレというのは当然一人では成立しませんが、
ゼロから相手を探すというのが意外と大変です。

 

頻繁に出会いの機会があったり、ネットで簡単に見つかればいいのですが、
そう都合良くいかないものです。

 

その点、女友達をセフレにする場合は、既にいる女性を相手にするわけですから、
少なくとも相手がいないことで困ることはありません。

 

セフレを作る時、この相手探しというのが一番の難関だったりするので、
相手がいることは大きなメリットと言えるのです。

 

また、相手との関係が出来上がっていることも、
デメリットに思えますが、実は大きなメリットだったりするのです。

 

女性がセックスをする場合、精神的なものが大きく影響します。

 

「好き」という感情までは必要ないのですが、
ある程度の信用がない相手とはなかなかセックスをしようとは思わないのです。

 

女友達の場合、これまでの関係からあなたに多少なりとも信用を抱いているはず。
少なくとも、見ず知らずの知り合ったばかりの相手よりは、
心を開いているのは間違いありません。

 

女性が体を開くには、まず心を開くことが必要です。

 

知り合ったばかりで見ず知らずの人で信用できるかどうかわからない相手と、
セックスしようと思わないことは容易に想像できますよね。

 

女友達の場合、多かれ少なかれあなたに信用を置いているわkですから、
既に体を開く準備ができている状態なのです。

 

このように、女友達との関係でデメリットに見えることも、
実はメリットであることの方が多いのです。

オススメNo.1テクニック