エロをちらっと意識させる|女友達をセフレにする方法

女友達にエロを意識させていこう

女友達をセフレにするためには、どこかでエロを意識させる必要があります。
いつまでも普通の友達では進展がありませんからね。

 

どこかの時点で徐々にエロにシフトしていく必要があります。

 

実はこのエロを意識させるというのが難しい、
というか多くの人が躊躇するパートなのです。

 

やはりただの友達にエロを意識させるのは勇気が入りますからね。
引かれないか、敬遠されないか、勘ぐられないかなど、色々と考えてしまうものです。

 

普通の下ネタ程度だったら普段の会話でする人もいるでしょう。

 

でも最終的にはセックスに繋がらなくてはいけません。
そうなると、ただのジョークの下ネタではダメだったりするのです。

 

ただの下ネタではなく、
あくまでも相手の女性とあなたが直接繋がるエロでなくてはならないのです。

 

慎重になるのも無理がありません。

 

といっても、いきなり突っ込んだエロに持っていくのもちょっと急すぎます。

 

やはり徐々に進めていく必要があります。
何事も焦らずに、です。

 

では、どうやってエロを意識させていくのか。

 

個人的にはかなり空気を読むことに気を使っています。

 

無理にエロの話題を出す空気を作ろうとしない。
そういう話題を自然に出せる空気になるのを待つことです。

 

無理に空気を作ろうとするとどうしても不自然になります。
そういうことに対して女性は敏感なので、無理をしようとすると不信感を抱きかねません。

 

そういう空気になるまで待つ、
そういう空気にならなければ無理にエロを意識させようとしない、
というのがポイントでしょう。

 

ただ、意外とエロを意識させるチャンスというのは転がってきます。
普段の会話の中で結構転がっているものです。

 

無理に空気を作ろうとしなくてもすぐにその機会はやってくると思います。

 

そしていざその空気になったら、
エロトークスタートです。

 

ただし、ただの下ネタに走るのではなく、
あくまでも当事者の話としてエロを持ち出すといいでしょう。

 

当事者というのは、あなたと相手の女友達。

 

つまり、あなたのセックスについての話題、
もしくは相手の女友達のセックスについての話題。

 

第三者や一般論のセックスに話題に終始するのではなく、
当事者のセックスの話題にするのが重要なのです。

 

もちろんきっかけとして第三者や一般論の話をするのはOKなのですが、
最終的には当事者の話に持っていくように私はしています。

 

ただいきなり相手の女性に突っ込んだセックスの話を聞くわけにもいきませんよね。

 

ポイントとしては自分のセックスの話をするといいでしょう。
自分のセックスで疑問に思っていること、悩んでいること、
自分のセックスについて女性の感想を聞く形で話をすると、
女性としても比較的受け入れやすいのです。

 

そこから相手の女性の話に話題を広げていくのです。

 

もちろん全て空気を読みつつ徐々に進めていくのが重要です。

 

そのようにしてセフレにするための地ならしをしていってください。

 

 

ガールズマインドハッカー 即日エッチする会話術
女性をセックスに持ち込む会話テクニックを知りたくありませんか?
500人以上の初対面女性を即日エッチに持ち込んだ会話術を公開しています。

オススメNo.1テクニック