独占欲を発揮しない|女友達をセフレにする方法

独占欲は意識的に抑えるようにしましょう

適度な独占欲というのは、恋人同士においては愛情の表現にも成り得るのですが、
ことセフレという関係においては、マイナスになることの方が多いのです。

 

よく「一度やっただけで彼氏面or彼女面」という話を聞きますが、
セフレ関係において独占欲というのは煩わしいものなのです。

 

考えてみてください。

 

女友達と一度セックスをしたとたんに彼女風を吹かせて、
独占欲を発揮してきたらどうでしょうか?

 

きっとウザイと思うに違いありません。

 

それは女性の方も同じで、
急に彼氏面をされたらやはりウザく感じてしまうのです。

 

「俺は大丈夫、割り切れるから」と思っている人も多いと思いますが、
意外と一度セックスをしてしまうと思ってもみなかった独占欲が湧きでてきてしまうものなのです。

 

そうなると、せっかくセフレの関係になれたのに、
ウザがられて関係が終わってしまう、なんてことにもなりかねません。

 

意外とこういうケースは多いのです。

 

特に相手が女友達の場合、
独占欲を発揮されてしまうと普段の付き合いにも影響します。

 

別に彼氏を作ろうと思ったり、
もしくは彼氏がいる女性などは特に、
独占欲を出されると鬱陶しく感じるものなのです。

 

「彼氏でもないのに何なの?」という感じで。

 

セフレはあくまでもセフレです。
恋人ではありません。

 

普通の友人が女友達の恋愛や行動に口を出さないのと同様に、
セフレも口を出すべきではないのです。

 

相手の女性が彼氏を作ることもあるでしょう。
合コンに行くことや別の男性と遊ぶこともあるでしょう。
時には新しくセフレを作ることもあるでしょう。

 

そういった時に独占欲が顔出してきて、
口を出したり態度に出したりしたくなる時があるかもしれませんが、
「自分は口を出す立場ではないんだ」と言い聞かせて、
独占欲を抑えるように意識してください。

オススメNo.1テクニック