二人きりになる機会を増やす|女友達をセフレにする方法

二人きりになることが当たり前になるようにしよう

女友達とセフレになる、
つまり女友達とセックスするということは、
二人きりになる機会を作らなくてはなりません。

 

とはいえ、いきなりセックスする時だけ二人きりになるというのも難しいものです。

 

そもそも二人きりで会ったこともない、二人きりで話したこともない相手と、
女性がセックスしようとはなかなか思いません。

 

普段から二人きりになる機会をある程度作っておいた方が、
その後の展開も作りやすいのです。

 

女友達と一口に言っても、
親友のような付き合いから、グループ内だけの付き合い、
まだ知り合って間もないなど、
付き合いの深さは色々だと思います。

 

ある程度深い付き合いをしていて、
二人きりで会う機会も少なくないという場合は問題ないと思いますが、
まだ知り合って間もないなど二人で会う機会がまだない場合は、
まず理由をつけて二人で会う機会を作っていく方がいいでしょう。

 

二人きりで会うと言っても、
なにもデートのようなことをする必要はありません。

 

二人で会ってお茶をするだけでも最初のうちは十分です。

 

相談事であったり、買い物に付き合ってもらったり、
何かを貸し借りしたり、近くに来たからお茶でも飲まない?でも、
なんでも理由は構いません。

 

理由はどうであれ、二人で会うこと自体が重要なのです。
そしてその機会をなるべく増やすことが重要なのです。

 

二人で会うことで女性のあなたに対する親近感が湧いてきます。
二人で会うことが当たり前のことになってくるのです。

 

もし二人で会うのがまだ難しいと思うのなら、
まずは電話で話す機会を増やすといいでしょう。

 

基本的には電話で話すときはあなたと相手の女性の1対1です。
会ってはいなくても、二人きりの空間であることには違いありません。

 

そのような二人きりの空間に慣れさせていくと、
二人きりで会うことも難しくはなくなっていくのです。

 

そのように二人きりの空間、二人きりで会う機会を増やしていくと、
女性の方も二人きりになることに躊躇がなくなります。

 

そして、あなたの方からではなく、
女性の方から二人きりで会う機会を作るような誘いがくるようになったら大成功です。

 

例えそれが、車で送ってくれなどの雑用程度の要件でも十分です。
セックスへの大きな進展と言えるでしょう。

オススメNo.1テクニック